ホルモンバランスを正常に整える

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。基礎体温でタイミングを見計らっても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、やりきれない気分でした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。
ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。葉酸が持つ効果としては、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、それと、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。ですから、夫婦共に大切なサプリであると言えますね。
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。
葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠中だけの摂取でも、もちろん構いません。
でも、葉酸には不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。ですから赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。
ヨガによって血行が良くなると、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスが改善していくという訳です。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。
軽く運動する事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。これは、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血作用を高める効果があります。この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠のチャンスが直接的に増えるというわけです。
それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。
妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する危険性があります。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への積極的な摂取が求められています。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも少なくはないと思います。
もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多い肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。
なので、普段の食事でも多少は摂取できているという事ですね。不妊に効果のある食べ物というと、おとうふや納豆、魚などがあります。
鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、摂取が推奨されます。
全体的にはバランスよく偏らない食事にするのが健康維持にもつながるのも事実です。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、今しばらくは我慢するべきでしょう。