インプラント治療とは何か

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もいろいろな点で、失敗が起きる可能性があります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどのりゆうで、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。
もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
今では、どこで手術をうけても痛くて我慢できないことはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術をはじめるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れと供に痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めと供に、痛み止めも処方されていますので我慢できな幾らいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。ごく普通の歯科医院で、外来診療をうけての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかしっかりとしることがキーポイントの一つです。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてサイト上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響をうけないほどに強いものでもあります。
例えば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
治療をはじめる前に必ずしるべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療をうけるケースではその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。